• NEW
    上五島の生産者に会いに行く。 食材の宝庫を巡る旅 #04

    上五島の生産者に会いに行く。 食材の宝庫を巡る旅 #04

    豊かな食文化とのどかな環境。そして歴史的に価値のある教会などの観光資源に恵まれた長崎県の離島、五島列島。その中でも、メトロミニッツでは上五島エリアに食材の宝庫を巡る旅と題して、豊かな食文化を担う生産者たちの現場におもむき、お話を伺ってみることにしました。最後を飾るのは脂ののった30代の男たち。どのような想いで食材と向き合い、島で暮らしているのでしょうか?

  • 上五島の生産者に会いに行く。 食材の宝庫を巡る旅 #03

    上五島の生産者に会いに行く。 食材の宝庫を巡る旅 #03

    豊かな食文化とのどかな環境。そして歴史的に価値のある教会などの観光資源に恵まれた長崎県の離島、五島列島。その中でも、メトロミニッツでは上五島エリアに食材の宝庫を巡る旅と題して、豊かな食文化を担う生産者たちの現場におもむき、お話を伺ってみることにしました。今回は上五島の次世代の担い手となる、若きエースたちのお話です。

  • #1「ティエリー・ヴォワザン」シェフのアイデンティティ

    #1「ティエリー・ヴォワザン」シェフのアイデンティティ

    帝国ホテル 東京のメインダイニングである、フランス料理「レ セゾン」。そのシェフを務めるのは、2005年、フランスから招聘されたティエリー・ヴォワザンさんです。「彼は、日本人以上に日本人。日本が大好きだし、帝国ホテルが大好き。最高ですよ」と、総料理長、田中健一郎さんも目を細めます。おばあちゃんの料理が大好きだった少年が、フランスの三ツ星レストランを経て、日本を代表するホテルへたどりつくまでを伺います。

  • [12月]新しく加わった名店

    [12月]新しく加わった名店

    『一流の料理人がいる東京の名店案内』に新たなレストランが加わりました。大切な記念日やデート、社用の会食や接待… 特別な日、特別な人と特別な時間をクリエーションしてくれる素晴らしいレストランで、思い出に残るひと時をお過ごしください。

  • 上五島の生産者に会いに行く。 食材の宝庫を巡る旅 #02

    上五島の生産者に会いに行く。 食材の宝庫を巡る旅 #02

    豊かな食文化とのどかな環境。そして歴史的に価値のある教会などの観光資源に恵まれた長崎県の離島、五島列島。その中でも、メトロミニッツでは上五島エリアに食材の宝庫を巡る旅と題して、豊かな食文化を担う生産者たちの現場におもむき、お話を伺ってみることにしました。まずは定置網漁とアゴ漁の生産加工を続ける上五島のベテランたちのお話からどうぞ。

  • 『ウィーン・ヨハンシュトラウス管弦楽団 ニューイヤーコンサート2018』

    『ウィーン・ヨハンシュトラウス管弦楽団 ニューイヤーコンサート2018』

    “ワルツ王”ヨハン・シュトラウス2世によって結成されたのが、ウィンナ・ワルツの正統派、ウィーン・ヨハン・シュトラウス管弦楽団。「美しく青きドナウ」など今日でも色褪せることのないウィーン音楽は、世代を超えて絶大な人気がある。独特の節回しや伝統に裏付けられた優雅で華麗な演奏は、まさに本物だけがなしえる極上の響き! 2018年の幕開けは、由緒あるオーケストラで、美しいワルツの音色に耳を傾けて。

  • COTTON CLUB『BILL CHARLAP TRIO(ビル・チャーラップ・トリオ)』

    COTTON CLUB『BILL CHARLAP TRIO(ビル・チャーラップ・トリオ)』

    かつてジャズ界のスターを数多く輩出してきたNYの高級ナイトクラブ「コットンクラブ」。そんな伝説的な場所を再現したライブレストランの2018年最初のライブを特別リザーブ。2度のグラミー賞ノミネートを誇る正統派ジャズ・ピアニストのビル・チャーラップの来日公演を開催。ピアニスト、ベーシスト、ドラマーで構成された結成20周年を迎える息の合った“ピアノ・トリオ”による王道のパフォーマンスはジャズデビューにもぴったり。1年の始まりにぜひ、レッドカーペットの先に広がる大人の遊び場へ。

  • #1「矢島直樹」シェフのアイデンティティ

    #1「矢島直樹」シェフのアイデンティティ

    日本にイタリアの「リストランテ」を再現しその魅力を伝え、以来31年間、変わらず愛され続けてきた「リストランテ山﨑」。数々の名シェフを育てたこの店で現在キッチンに立つのは、イタリア料理界の次世代を担う情熱家。

  • 『東寄席 第三十五回~こだわりの日本酒と季節の料理を楽しむ落語会~』

    『東寄席 第三十五回~こだわりの日本酒と季節の料理を楽しむ落語会~』

    人気テレビ番組「マツコの知らない世界」で“日本一おいしい食事が楽しめる劇場”として紹介された新橋演舞場。そんな話題の劇場内地下食堂「東」では月に一度、実力派の落語家による噺を聴きながら、老舗酒屋が厳選した日本酒とともに料亭さながらの料理が楽しめる「東寄席」を開催。回を重ねるごとにリピーターが続出している人気のイベントを特別リザーブ。料理とお酒を楽しみながら気軽に聴ける落語会は、初心者にもおすすめ。

  • 「パリ・グラフィック-ロートレックとアートになった版画・ポスター展-」

    「パリ・グラフィック-ロートレックとアートになった版画・ポスター展-」

    三菱一号館美術館と世界有数の19世紀末版画コレクションを誇るファン・ゴッホ美術館がタッグを組んだ展覧会。19世紀末のパリのポスターや版画など、なんと約170点を一気に鑑賞できる。版画は、当時のパリで数々の前衛芸術家から新しい芸術表現として注目され、重要なメディアとして広まったとか。同展では画家・ロートレックのポスターなど、見ているだけで19世紀末のパリの街角にタイムスリップするような、オシャレな作品に出会えそう。

123456
  • RESERVATION レストラン予約
  • SPECIAL PLAN 特別プラン
  • TOPICS 最新記事

観劇・鑑賞×レストラン SPECIAL PLAN Quality Time

ハイカルチャーと美食で
心豊かなひと時を過ごす。

話題のミュージカルや演劇、バレエにオペラ、オーケストラやジャズライブ、歌舞伎、能・狂言などの伝統芸能に、アート展まで、東京で公演する様々なエンターテイメントのチケットと、人気レストランのランチやディナーがセットになった、特別プランを特別価格でご案内します。ハイカルチャーとファインダイニングで心豊かなひと時をお過ごしください。

NEW PLAN

  • NEW
    上五島の生産者に会いに行く。 食材の宝庫を巡る旅 #04

    上五島の生産者に会いに行く。 食材の宝庫を巡る旅 #04

    豊かな食文化とのどかな環境。そして歴史的に価値のある教会などの観光資源に恵まれた長崎県の離島、五島列島。その中でも、メトロミニッツでは上五島エリアに食材の宝庫を巡る旅と題して、豊かな食文化を担う生産者たちの現場におもむき、お話を伺ってみることにしました。最後を飾るのは脂ののった30代の男たち。どのような想いで食材と向き合い、島で暮らしているのでしょうか?

  • NEW
    上五島の生産者に会いに行く。 食材の宝庫を巡る旅 #03

    上五島の生産者に会いに行く。 食材の宝庫を巡る旅 #03

    豊かな食文化とのどかな環境。そして歴史的に価値のある教会などの観光資源に恵まれた長崎県の離島、五島列島。その中でも、メトロミニッツでは上五島エリアに食材の宝庫を巡る旅と題して、豊かな食文化を担う生産者たちの現場におもむき、お話を伺ってみることにしました。今回は上五島の次世代の担い手となる、若きエースたちのお話です。

  • NEW
    #1「ティエリー・ヴォワザン」シェフのアイデンティティ

    #1「ティエリー・ヴォワザン」シェフのアイデンティティ

    帝国ホテル 東京のメインダイニングである、フランス料理「レ セゾン」。そのシェフを務めるのは、2005年、フランスから招聘されたティエリー・ヴォワザンさんです。「彼は、日本人以上に日本人。日本が大好きだし、帝国ホテルが大好き。最高ですよ」と、総料理長、田中健一郎さんも目を細めます。おばあちゃんの料理が大好きだった少年が、フランスの三ツ星レストランを経て、日本を代表するホテルへたどりつくまでを伺います。

  • NEW
    [12月]新しく加わった名店

    [12月]新しく加わった名店

    『一流の料理人がいる東京の名店案内』に新たなレストランが加わりました。大切な記念日やデート、社用の会食や接待… 特別な日、特別な人と特別な時間をクリエーションしてくれる素晴らしいレストランで、思い出に残るひと時をお過ごしください。

  • NEW
    上五島の生産者に会いに行く。 食材の宝庫を巡る旅 #02

    上五島の生産者に会いに行く。 食材の宝庫を巡る旅 #02

    豊かな食文化とのどかな環境。そして歴史的に価値のある教会などの観光資源に恵まれた長崎県の離島、五島列島。その中でも、メトロミニッツでは上五島エリアに食材の宝庫を巡る旅と題して、豊かな食文化を担う生産者たちの現場におもむき、お話を伺ってみることにしました。まずは定置網漁とアゴ漁の生産加工を続ける上五島のベテランたちのお話からどうぞ。

  • NEW
    『ウィーン・ヨハンシュトラウス管弦楽団 ニューイヤーコンサート2018』

    『ウィーン・ヨハンシュトラウス管弦楽団 ニューイヤーコンサート2018』

    “ワルツ王”ヨハン・シュトラウス2世によって結成されたのが、ウィンナ・ワルツの正統派、ウィーン・ヨハン・シュトラウス管弦楽団。「美しく青きドナウ」など今日でも色褪せることのないウィーン音楽は、世代を超えて絶大な人気がある。独特の節回しや伝統に裏付けられた優雅で華麗な演奏は、まさに本物だけがなしえる極上の響き! 2018年の幕開けは、由緒あるオーケストラで、美しいワルツの音色に耳を傾けて。

  • NEW
    COTTON CLUB『BILL CHARLAP TRIO(ビル・チャーラップ・トリオ)』

    COTTON CLUB『BILL CHARLAP TRIO(ビル・チャーラップ・トリオ)』

    かつてジャズ界のスターを数多く輩出してきたNYの高級ナイトクラブ「コットンクラブ」。そんな伝説的な場所を再現したライブレストランの2018年最初のライブを特別リザーブ。2度のグラミー賞ノミネートを誇る正統派ジャズ・ピアニストのビル・チャーラップの来日公演を開催。ピアニスト、ベーシスト、ドラマーで構成された結成20周年を迎える息の合った“ピアノ・トリオ”による王道のパフォーマンスはジャズデビューにもぴったり。1年の始まりにぜひ、レッドカーペットの先に広がる大人の遊び場へ。

  • NEW
    #1「矢島直樹」シェフのアイデンティティ

    #1「矢島直樹」シェフのアイデンティティ

    日本にイタリアの「リストランテ」を再現しその魅力を伝え、以来31年間、変わらず愛され続けてきた「リストランテ山﨑」。数々の名シェフを育てたこの店で現在キッチンに立つのは、イタリア料理界の次世代を担う情熱家。

  • NEW
    『東寄席 第三十五回~こだわりの日本酒と季節の料理を楽しむ落語会~』

    『東寄席 第三十五回~こだわりの日本酒と季節の料理を楽しむ落語会~』

    人気テレビ番組「マツコの知らない世界」で“日本一おいしい食事が楽しめる劇場”として紹介された新橋演舞場。そんな話題の劇場内地下食堂「東」では月に一度、実力派の落語家による噺を聴きながら、老舗酒屋が厳選した日本酒とともに料亭さながらの料理が楽しめる「東寄席」を開催。回を重ねるごとにリピーターが続出している人気のイベントを特別リザーブ。料理とお酒を楽しみながら気軽に聴ける落語会は、初心者にもおすすめ。

  • NEW
    「パリ・グラフィック-ロートレックとアートになった版画・ポスター展-」

    「パリ・グラフィック-ロートレックとアートになった版画・ポスター展-」

    三菱一号館美術館と世界有数の19世紀末版画コレクションを誇るファン・ゴッホ美術館がタッグを組んだ展覧会。19世紀末のパリのポスターや版画など、なんと約170点を一気に鑑賞できる。版画は、当時のパリで数々の前衛芸術家から新しい芸術表現として注目され、重要なメディアとして広まったとか。同展では画家・ロートレックのポスターなど、見ているだけで19世紀末のパリの街角にタイムスリップするような、オシャレな作品に出会えそう。

123456

Social Media

記事の更新情報を、SNSでお届け中!

  • Mm Twitter
  • Mm Facebook

Metro min. Feature

pagetop